ロード・トゥ・ドラゴンを紐解く

ロード・トゥ・ドラゴンを紐解く

ミリオンチェインのサービスが終了が終了するということで最近はドラゴンポーカーしか触れていません。それで久々にロードラをプレイしていました。うーんやっぱりロードラって魅力的ですね。根強いファンがいるのも納得です。自分もロードラのセンスにはすごく惹かれるのですが、一方でどっぷりとのめり込めない部分もあるなぁと思いました。(自分の中で)

ロードラの好きなところ

UI,デザインのセンス

IMG_1173

ロードラの世界観はファンタジーに分類されるかと思いますが、UIのデザインはファンタジーっぽさがあまりないんですよね。フォント一つとってもファンタジーというより近代もので使われそうなものを使用しています。それでいて違和感なくファンタジーな作風になっているんだからすごいです。

キャラクターのデザイン

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

どのキャラクターもそのまま主役になれそうなデザインです。どのキャラクターも使ってみたい、もっとストーリーが知りたいと思わせてくれますね。ポイントが高いのはゲームらしいデザインであるという点ですよね、シルエット、記号的なアイコンというか(なにいってだ)。

気になる点

わかりにくい人物背景

ロードラのキャラクターにはそれぞれストーリー背景があり、それらが群像劇のようにつながっています。ただゲーム内でそれらを把握するのが難しいのです。ストーリーがそれぞれ断片的なので関連するキャラクターを集めるかゲーム外で資料を読んだりしないと、なかなかそれらを理解することができない。この方式、何かに似てるなぁと思ったのですがヴァルキリープロファイル2とにてるんですね。

ヴァルキリープロファイル2

ヴァルキリープロファイルは仲間になるキャラクターのエピソード、イベントが秀逸で評価されていました。ところがVP2になると仲間になるキャラクターのストーリーはステータス画面で確認できる文章だけになっていて批判を呼びました。実際には2のキャラクターも設定は練らており奥深いものなんですが、これでは把握できないし感情移入しづらいというものでした。

ロードラの設定に関しても本当によく練られているのですが、ゲームデザインとしてはそういうストーリ描写の説明は必要ない、興味がある人だけ自分で把握してもらうようにしたのかもしれません。ソーシャルゲームという媒体としてならそれが正解かなーと思う反面、据え置きのゲームで遊んできた自分としてはちょっと淡白に感じました。自分で考察するのが好きかある程度は提示してほしいか、その差ですね。

ごり押しが通る

戦闘シーン

少なくとも序盤から、中盤あたりはユニットの編成とかプレイングにこだわる必要があまりない。レアリティの高いキャラだけ並べて育てればごり押ししてしまえる難易度になってしまっているように思います。自分の場合カサンドラというキャラをガチャで当てたのですが、スキルが強すぎてボスが一発で沈みます。もっとやっていけば戦略を考える必要が出てくるのかもしれませんが、序盤は本当に緊迫感がありません。

でもやっぱり惹かれるゲーム

…なんて否定的なこと書きましたけどやっぱり惹かれるんですよね、ロードラ。そうでなければこんな日記書かないし本も買いません。

ロードラ アートブック IMG_1186ロードラ 相関図

この本、画集というよりデータブックなんですが読んでみるとロードラのストーリや個性豊かな登場人物の姿をじっくり知ることができます。あっ、ここで繋がってたのかってアハ体験。以外と小さいサイズなので画集としては物足りないのですが…。

子供の頃ドラクエ6のガイドブックの下巻とか読んでワクワクしてたなぁ…。そういうの思い出します。

ちなみに第二弾が去年の夏コミで出たそうですがすぐに売り切れたそうです。やっぱり根強いファンがいるんですね…!

 

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By しょぺ

    ロードラのキャラデザ良いですよねぇー(TдT)
    ほんともうどれもかっこいい!! 
    これに一枚絵でもあれば最高と思う反面、
    こうゆうディフォルメキャラだからかっこよく見えるのかなーとも思ったり!!

    設定のみというのは… やっぱ気になりますよね…!
    やっぱ… ほんと… 会話でもあれば…
    VP2… VP2も… 戦闘開始にエインフェリア同士でちょっとボイスで絡みがあったりするんですよ…:
    スクエニの意向で急にエインフェリアを増やしてくれ、と無理難題を押し付けられても
    スタッフさん頑張ったんですよ…。。 え、ええ…!

    ロードラは個人的にはやっぱりBGMが聞いてて寂しい気持ちになるのが気になりました;;
    でも…世界観には… あってるのかなー: BGMの大事さを知りました…!

    え、えええ!?!?
    夏コミでこの本の第2弾でてたんですか!! というかなんで夏コミ…!?!?!
    ページ数やお値段もいかほどなんだろうー;;

  2. By とび

    ロードラのデザインはまさにゲームのためのデザインって感じがしますよね、そこらへんイラスト重視のソシャゲでも珍しいというか自分が惹かれたのもそこにあるのかも…

    VP2はインタビューでも最初はエインフェリア出すつもりはなかったという話がありましたよね、世間と開発者のやりたいことのズレがあったということかなぁ…それにしてもしょぺさん詳しいっすね…!

    ロードラのBGMはほんとくらいですよねーでもストーリー的にはそれで正解なのかなとも思うのですがなんか無常観を感じますね;登場人物の半数以上死んでる気がします..

    第二弾の本はグッズ詰め合わせ2400円の特典として付いてきたみたいですね…特典だからあまりページ数はないかも…なんにせよもう手に入らないのが口惜しいですね;

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)