ストーリー制作

ストーリー制作

自作ゲームの進歩。とりあえずアニメーションの取り込みという点では最低限の目処はつきそうなのでストーリーの方に着手してます。

ゲームを作る時ってどこから手をつけるべきなのかという点ですが、まずは大まかなストーリーを決めないと進まないかなぁと思います。マップ作るにも、キャラクター作るにも戦闘システムに関しても何かしらストーリーの部分が絡まってくる感じ。

「物語」のつくり方入門 7つのレッスン

ストーリーの作り方なんですが、自分はこちらの本を参考にしています。自分にはすごくあってます。どういうところが良いかというと物語のつくり方入門

簡潔である

参考書というのはどういった読者層に向けてのものなのかで内容も変わってきますよね。初心者向け上級者向け、初心者向けでもプロ志向のものなら更に難易度が違ったり…。

本著に関しては自分のようなズブの素人でなおかつシナリオだけを専門にやっていきたい訳ではないという人に対してはちょうど良い簡潔さです。その分全てのシナリオパターンに当てはめられる訳ではないような気もしますが、とにかく知識はないけど今シナリオを作りたいという状況にはうってつけです。

実践的である

参考書というのはよっぽど酷いものでもなければ皆ちゃんとしたことが書かれています。じゃあ良書とそうでないのはどう違うのか。それは実践的、つまり本を読みながら手を動かせるような作りになっているか否かではないでしょうか。プログラムの本なんかでも読んだときなるほどと思っても実際にやってみようとすると何も作れないなんてこと、あるかと思います。そういう点で、この本は実践形式、手を動かすことになっているのでそれに従ってやっていけばシナリオが形になってゆくようになっています。

というわけで、個人でゲーム作りたいけどシナリオできない、形にならない。という方にオススメです。

ツクールMVアップデート

ツクールの方ですが、公式でアップデートが2回ほど行われるようで、1回目の内容は既に海外で公開されています

個人的に期待してるのはYami Sideview Enhancementですね。英語ですが動画を見る限り割と導入は直感的で良さげ!

ようは、戦闘アクターのフレーム数(枚数)を増やすプラグインですね。日本でも既にフレーム数を増やすプラグインは公開されていますがとにかく、3枚しかアニメーションできないという問題は解決できそうですね。ありがたやー

エターナらないために

最初に作る作品ですが、やはりみんな最初は小規模のものをと言いますよね。自分が今考えているのは中規模ぐらいのものなんですがもっと規模を小さくしたほうがいいかなぁ..。今一番怖いのはやっぱりエターナることです。こうやって日記つけてるのも後々自分が投げ出さないようにするためでもあるのですが。色々創作について語っていても公開できるものがないなら机上論、取らぬ狸の皮算用ですよね…今の自分がまさにそれ(;^ω^)

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By しょぺ

    ゲームのストーリーって特殊ですから
    参考書を読んだ上でゲームっぽくしていく必要もありそうですね…!!

    自分なんかがゲームっぽくなりすぎて
    おつかいの連続になってしまう傾向があります…
    ムービームービーしたゲームは苦手なのも理由のひとつなんですけど;

    とびさんはFFで言うと、どのレベルを狙ってるのかなぁ…
    FF7レベルの難解なレベルまで到達するのかなー!

  2. By とび

    そうそう、ゲームに特化したシナリオの本ってのはあまり見かけないですね。企画に関しての本は結構見かけるんですけどねー自分にはプランナーとシナリオライターの違いってよくわからないんですが…

    お使いですか〜でも実際お使いというか演出の違いかなぁと思うんですがどうなんでしょう、やらされているという気持ちをいかになくすかですかね…?

    FF7レベルなんてそんな大それたものは作れないですよ!でもそうですよねーFF7あたりからすごく凝ったシナリオになった印象がありますね。リメイクはどうなるやら..

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)