人が死んでも時間は流れるということ

人が死んでも時間は流れるということ

ここのところ、インフルエンザにかかったり、仕事が忙しくなったり、身内に不幸があったりで色々と消耗してしまいました。

特に人が亡くなるのは今年に入って二人目で、自分の年齢的にもそういう時期なんだなぁと思う次第です。一緒に暮らしていたわけではないのだけれど本当にあの人はなくなったなのだろうかと実感がない日々で、遺品の日記を読んでいたり、部屋に入るとひょっこりと姿を現しそうな錯覚に陥ります。それでいて人が死のうと淡々と時は流れていくことになんというか、世間に置いていかれるような気分でもあります。

そろそろ気持ちを切り替えていかなければ…アンニュイになりすぎるのも良くないですね。

…ハァ〜人ってなんで死ぬんだろう…。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)