ブレイブリーデフォルト ブレイブしてーデフォルトして

ブレイブリーデフォルト ブレイブしてーデフォルトして

 

 

数ヶ月前にフォーザシークウェルの方をクリアしました。ネタばれ込みで色々思ったこと。

システム

ブレイブとデフォルトはターンの前借りと貯蓄ですね。雑魚相手にはブレイブで1ターンキル、ボス相手にはうまくパターンを読みながらプレイする必要がありました。ボスは結構手強くて特に中盤はやり直すことが結構多かったなぁ。1回の戦闘でボタンを押す回数がすごく多いんだけど前回の行動の繰り返しや早送りのおかげでだいぶテンポはいいんですよね。

ジョブシステムについてはやりこんで全ジョブマスターしました。ジョブシステムはやっぱり楽しいですね。ただ残念だったのはイベント中もジョブによって見た目が変わるのでシリアスなイベントをぶち壊してしまうこと。

スクリーンショット 2017-01-15 16.26.50スクリーンショット 2017-01-15 16.26.40

 

 

 

 

 

 

狩人や時魔導師はそのせいであまり使いたくなかった・・。とはいえイベント中だけすっぴんに戻るのも変かなぁ?他のジョブの見た目は悪くないんですけどね、なぜかこの2つと男のスーパースターだけイロモノなんですよね。

ジョブそのものでお気に入りなのは黒魔道士、ソードマスター、暗黒騎士ですね。黒魔道士は女の子の方が帽子が大きくて可愛いです。

スクリーンショット 2017-01-15 16.36.18

ストーリー

やっぱり5章以降ですよね、気になるのは。ストーリー展開としては必要な演出ですけどやはり退屈。特にこのゲームはダンジョンもあまり仕掛けとかもなくて見た目も似たものが多いから余計周回するのが煩わしいんですよね。もう少しこの部分手を加えても良かったのでは。

あとイデアがアナゼルの顔を知らないのはやっぱり違和感ありましたね。アナゼルの話を見てもイデアとは家族のような付き合いをしているわけだし、イデアの父親ブレイブがリングアベルの顔を見ても何の反応もないのはおかしいような・・アナゼルにとってブレイブは大切な恩人なわけでそんな人に素顔を見せないはずはないと思うんだけど。

エンディングの分岐について終章ではエアリーの指示を否定し、クリスタルを破壊すること、真終章ではエアリーの指示に従い解放を続けることでたどり着きます。タイトルのブレイブリーデフォルトというのは「勇気を持って自身の意思で行動する」という意味合いがあるそうですが、そう考えると本来のエンディンである真終章への行動はクリスタルを破壊する方じゃないの?ってなりますね。実際帝国の人間たちもリングアベルもプレイヤーにそういう方へ誘導しようとしています。ところがそこにもう一捻りあってそういった誘導に対して自身の意思でクリスタルの解放を続けるのが正解ということでした。真終章の行動によって諸悪の根源を断つことができますが、その結果たくさんの並行世界が消滅するわけですからアニエスたちが悪いわけではないですが完全ハッピーエンドではない結末だなぁ。

個人的に好きなシーンはアニエスがティズに一緒に来て欲しいと話すところですね。世界を救うことができる使命を負っているのはアニエスだけでそれを最後まで支え続けるティズ。ティズは君は僕の希望と言いますがアニエスにとってもそうなんですね。BGM「虚ろな月の下で」の良さも合間って印象的でした。

サウンド

めっちゃ良い。まず通常戦闘曲「戦いの鐘」ですが通常戦闘曲というのは聴く回数も多いので、いかに飽きさせないかというのが課題かと思います。この曲に関しては終始同じフレーズを使いながら、移調したり、リズム隊のパターンを変えたりしてテンションを高く保ったまま飽きさせない作りになっていて感動しました。

4人のテーマはどれも好きですがやっぱりノリのいい「君は僕の希望」と「愛の放浪者」が特に好きでした。

あとはボス戦の「戦いの果てに」や「彼の者の名は」とかどれも隙がないクオリティで良かったー。戦闘以外ならやっぱり「虚ろな月の下で」や「来訪者」、「不死の国」がいいかな。またRevoさんにゲームの曲担当して欲しいですね、サントラも繰り返し聴いてます。

ブレイブリーデフォルトは色々と気になる点もあったりしましたがやはり素敵な作品でした。やっぱりスクエニさんにはこの系統の作品を絶やさず続けて欲しいなぁ。前身は光の4戦士というDSで出たゲームも好きだったしタイトルが変わっても続いて欲しいものです。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)